2021/3/15 徳島一人旅

旅行

高知に一人旅をした時、徳島ラーメンの店が目についた。

気になったが、どうせならば現地で食べたいというもの。

香川、高松。この流れでいけば、次の旅先はもう決まりだ。

すだちとラーメンを求め、徳島へ行くことに。

宿は「ホテルサンルート徳島」。

調べてみてよさそうなので、こちらに泊まることにした。

今回は、少し時間が余る旅になってしまった。

一日目

高速バスで徳島へと向かう。

前回の旅と違い、徳島はすぐ到着できそうだ。

今まで香川や高知の道中で、寄れずに通り過ぎていた土地。

うたた寝していると、もう徳島に入っていた。

10:10 徳島到着

徳島駅に到着。

まずは眉山を目指すことにする。

ロープウェイから移動できるそうだ。

それにしても、パッとしない天気である。

10:30 眉山

阿波おどり会館の中にロープウェイ乗り場がある。

手続きを行い、さっそく利用してみる。

道中では、景色や歴史についての音声が流れていた。

ここから見る景色は、さぞかし立派だろう。

めっちゃ霞んでいる。

晴天ならさぞかし爽快な眺めなはず。

南京錠のフェンスを発見。

恋人たちが愛を誓うためのものだそうだ。

春が近い。

桜が咲けば華やいだ景観になるのだろう。

うん、静かで落ち着くところだ。

人の立てる音が一切ないので、鳥の声がよく聞こえる。

周囲を散策すると白い平和記念塔や、白いガゼポ(西洋風東屋)があった。

グローバルな繋がりを感じる。

何だか牧歌的な場所だ。

12:00 徳島ラーメン麺王

お昼になり、徳島ラーメン麺王へ。

当然徳島ラーメンを注文。

ザ・醤油豚骨といった味だ。うまい。

すき焼き風ラーメンというだけあり、甘辛く濃い味付け。

まろやかな生卵がよく馴染む。

確かにこれはご飯が欲しくなる。

食べ終わった後の水がとてもうまく感じた。

店を出て散策。

公園を見つけて寄ったのだが、なかなか階段があった。

少し疲れたので、駅の近くにあるショッピングモールに移動する。

椅子に座って時間を潰していると、ついうとうとしてしまった。

15:00 サンルート徳島

サンルート徳島に到着。

中は広く、高級感溢れるつくりだ。

チェックインを済ませて鍵をもらう。

ベッドの横が開けているせいか、部屋が広く感じられていい。

まずはお風呂に入ることに。

大浴場「びざんの湯」は、自家源泉の天然温泉らしい。

ホテルに着いてすぐお風呂に入るのは、やはり最高だ。

さっぱりしてから部屋でのんびりする。

18:00 一鴻

徳島は阿波踊りが有名だが、地鶏も有名だ。

その名も阿波尾鶏

遊び心のあるネーミングだ。

それを食すべく、「一鴻」へと向かう。

僕は旅先で、その土地っぽい酒を頼むようにしている。

せっかくなのですだちハイを注文。

名前の通り、めっちゃごろごろ入っている。

すっきりした酸味でうまい。

ストローと思ったら普通にマドラーだった。恥ずかしい。

一人なので誰にも見られずに済んだ。

徳島名物フィッシュカツ。

カレー粉の香りがしてうまい。

ビールによく合いそうだ。

そして、ついに主役の登場。

すげえ……。

ジューシーってレベルじゃない。何だこれ。

高松の骨付鳥も素晴らしかったのだが、個人的にはこちらの方が好みだ。

すだちが添えられているのが嬉しい。

幸せな気持ちでお会計をする。

ごちそうさまでした。

いい気分でホテルへと戻る。

ほろ酔いでベッドに潜るのが幸せだ。

テレビでご当地らしい番組が放送されていた。

いかにも旅先という感じがしていい。

やがて、眠りについてしまった。

二日目

翌日の予定は何も決まっていなかった。

車があれば祖谷のかずら橋に行けるのだが、生憎僕はペーパー野郎である。

のんびりとその辺を散策してみよう。

11:00 散策

水が流れている街はやはり好きだ。

夜になるとライトアップしていたらしい。

11:30 阿波饂飩 両国 福助

昼食は「阿波饂飩 両国 福助」。

老舗の雰囲気を感じる外装だった。

店内は広く、歴史を感じさせるつくりである。

お腹が空いていたので、黒豚とんかつ・はいからうどんのセットを注文。

すごいボリュームだ。これで850円!?

カツは柔らかく、肉の旨味が詰まっている。

うどんは柔らかい食感で、滑らかなのどごしだった。

コシのあるうどんも好きだが、こっちのタイプも好きだ。

お腹がいっぱいになり、店を出る。

12:00 散策

当てもなく散歩を続ける。

道の側にこういう光景が見られるのはいい。

しかし今日も曇りそうな感じがする。

どこかの公園で一休み。

こういう小さな公園が好きだ。

ここも春になると桜が咲くのだろう。

13:00 眉山

とりあえず再び眉山へと向かう。

今回は山道を少し歩いてみることに。

一本道とはいえ、油断すると迷いそうだ。

あちこちから自然の香りがする。

木の匂いを嗅ぐのも久しぶりだ。

神隠しにでも遭いそうな空気感。

山には人知を越えた何かがありそうだ。

さすがにこの辺りで戻ることにする。

それにしても曇ってるなあ。

14:30 徳島天然温泉 あらたえの湯

眉山から戻り、マップで何かを探してみる。

徳島天然温泉 あらたえの湯」があるらしい。そこに向かうことにする。

いい湯だった。

やはり長時間歩いた後のお風呂は最高だ。

風呂上がりにすだちサイダーを飲む。

16:30 中華そば いのたに

最後に「中華そば いのたに」に向かう。

多くの有名人が来店している店らしい。

頼むのは勿論徳島ラーメンだ。

スープのコクがたまらない。

卵はヨード卵を使用しているそうだ。

やはり徳島ラーメンにはご飯がかかせない。

焼酎なんかも合いそうな気がする。

バスが来るまで、阿波おどり会館に滞在する。

一階にはお土産もたくさん売っている。

徳島は和三盆や藍製品も特産品らしい。

鳴門っ娘」と「ぶどう饅頭」を購入。

どちらも大変美味しかったので、お土産ならこれらがおすすめ。

お遍路さんの休憩所らしき東屋でバスを待つ。

さらば徳島。いいところだった。

終わり

今回の旅は、結構時間が余ってしまった。

祖谷のかずら橋に行けたら、かなり変わっていたはずだ。

とはいえ、すだちに徳島ラーメン、阿波尾鶏を堪能できて満足。

徳島に来たら、ぜひ「一鴻」を訪れてほしい。

タイトルとURLをコピーしました